安眠の大切さを考えるも、なかなか寝れないだ

眠りって大事ですよね。寝ようと思っても、現に布団に付くって肝要のことや、ふとした気になることが胸中によぎって寝れなくなった。そんなことあると思います。

わたしは持病の関係で眠りの大切さを身に染みて実感します。その持病というのが、てんかんです。

てんかんって言ってもおしなべて、そういった病気です、って断言できないんです。やっぱ発作も十人十色で様々ですが、脳の電気シンボルが異常な状態になったときに発作が出る、というくだりを読んだことがあります。

私の学生時代の発作もそうでした。一瞬出来事があるのですが、その後の出来事が、からっきし電気損害を与えられたかのように消えていらっしゃる。電気損害の経験はありませんが。

何故、発作が起きたか前後を振り返ると消耗といった眠り手薄が重なっている際だったんです。不思議ですよね、眠り日数といった消耗で発作が出るなんて。

発作が出てから眠り取るようにしたら、発作は出なくなったのでよかったのですが。

寝不足になっても今は倒れたりはしないですが、何となく道で転倒して創傷したりは、あります。消耗が溜まってある要所の働きかけなのだろうかと、時折考えますが、落ち着いたら忘れてしまうんですよね。

けど、寝れないお日様が来るという発作が出てしまうから寝ることを強要してしまう、自分に。そういったところ限って第三者は寝れないんですよね。

そんな時は、流れに身を任してしまうのがマキシマムなんですよね、如何にも。そんなふうに自分に言い聞かせたら寝付ける気がします。私だけでしょうか。binkan-aka.net